國家圖書館 期刊文獻資訊網

連結國家圖書館 連結期刊文獻資訊網

臺灣期刊論文索引

摘要

本篇出處 日本語日本文學 48 2019.07[民108.07] 頁86-100
篇名 植民地台湾における「芸妲」の誕生--上海花柳界の影響を起点として
作者 金城惠
中文摘要   日據時期,台灣出現一批稱為「藝妲」的女性。由史料來看,「藝妲」與當時的時代背景息息相關,影響台灣風俗與文化甚深。「藝妲」不為社會主流認同,卻透過弄技賣藝,成就出獨特的風俗及文化;筆者忖度,若聚焦其上,對台灣文化史及社會史的研究,當有所得。日據時期台灣文化及文學研究於今時已成風潮,而日本人對「藝妲」的了解,仍往往囿於舊日的刻板印象;因此剖析其真實樣貌,絕非徒勞之舉,此亦為貫通本論的問題意識。故,本文即以中國大陸娼婦史為開端,探討「藝妲」緣何出現,而後受到日本何種影響,以及如何逐步改變
英文摘要   There were a group of women who were called Geidan, during the period when Taiwan was under the rule of Japan. According to historical research, in conjunction with the movement of the era, they had significant impact on custom and literature of that time. For these reasons, by casting light on Geidan, who located on the periphery of society, yet the bearers of performing arts and also creator of custom, culture, is a method to evaluate Taiwan's history of culture and society. Nowadays, research about the culture and literature of Taiwan during Japan Japan's Rule Period has made a rapid progress. Hence, it has huge significance to clarify the real image of Geidan which is beyond modern Japanese's common sense and understanding. As the starting point about the prostitutes in Chinese mainland, this article argues how did Geidan appeared, what influence they received from Japan, and the process how they changed。|日本統治時代の台湾においては、「芸妲」と称される女性たちがいた。史料を見ると、「芸妲」は時代の動きと連動して、風俗や文学に大きな影響を与えていたことがわかる。このため、社会の周縁に位置し、芸能を担い、風俗や文化を生み出していった「芸妲」に眼を向けることで、台湾の文化史、社会史研究として評価することができるのではないと考える。日本統治時代の台湾の文化や文学の研究が進んでいる現在、現代日本人の常識の範囲内で理解されがちであった「芸妲」の実像を明らかにしておくことは決して無駄ではないだろう。これらがこの論考に通底する問題意識である。そこで、本論では中国大陸の妓女の歴史を起点とし、「芸妲」がどのように誕生し、さらに日本からどのような影響を受け、どう変化していったのかについて考察していきたい